【イベント情報】

これ最高の歯磨き粉です!

SPONSORED LINK


Hey guy’s it’s Yu. ゆうさん(@labo_life)です。

みなさん歯磨き粉何を使っていますか?
毎日の習慣の歯磨きですが、誤った方法や、誤った方法での虫歯予防は、なんの効果も得られないことだってありえます。
それだけではなく、誤った方法でケアをすると虫歯を発生させるリスクが起こることだってあります。
今回は、皆さんの歯を守る強い味方、フッ化物入りの歯磨き粉を紹介します。

「CHECK UP」

知っている人もいるかもしれませんが、この歯磨き粉は、歯医者さんで取り扱われています。

その特徴はフッ化物濃度950ppmと高濃度なフッ化物が配合されていることでした。

しかし、2017年3月に、薬用歯みがき剤に配合されているフッ化物の上限を1000ppmから1500ppmまで引き上げるという認可が厚生労働省から発表されました。

もともと欧米では1,000ppm〜1,500ppmの薬用歯みがき剤が一般的だったのですが、日本にもその流れがやっときました。

今回配合された歯磨き粉のフッ化物の配合量は、

なんと1450ppmになり、さらに虫歯予防に役立つようになりました。

この歯磨き粉の特徴は、歯磨きの際に泡がでにくい。泡が沢山でると、歯をみがいた気分になりませんか? 確かに泡立ちが良いと爽快感はありますが、歯を十分にみがけていないことが多いです。
泡立ちが少ないと、歯ブラシでみがいているところもよく見えます。

歯磨き粉に入っているフッ化物の効果

フッ化物が入っている歯磨き粉って、スーパーやドラックストアに沢山ありますよね。
そして、フッ化物が虫歯の予防になるっていう知識は、皆さん知っている人が多いのではないでしょうか?
【メリット】

  • 歯のコーティング
  • 歯を丈夫にして強くする
  • 歯がしみるのを防ぐ
  • 歯の表面に汚れがつきにくくする

 

しかしデメリットを挙げると【デメリット】

  • 着色を防ぐことはできない
  • 進行した虫歯は治らない(初期虫歯は、再石灰化もある)
  • 歯茎やせは防げない

上記に挙げたものに効果は期待できません。

まとめ

歯のケアってとても重要なものとして考えており、一度なくなった歯は元には戻りません。
私の経験上、今日くらい大丈夫かという気の緩みで、将来の虫歯につながってしまいます。
毎日のケアはとても大切です。私の祖母は、90歳をこえても、全て自分の歯でした。
「80歳になった時に20本以上自分の歯を保とう」という、1989年から始まった8020運動(ハチマルニイマル運動)も、自分の目標として意識してみてはと思います。

左は、Amazonリンク  右は、楽天市場リンク

Thank you for reading this blog, everyone 🙂


>>ゆうさんのTwitterのアカウントはこちらです!Clickしてすすんでください。

SPONSORED LINK