【イベント情報】

体を洗う最高の手段はこれだった! 美肌のつくりかた!

SPONSORED LINK


Hey guy’s it’s Yu. ゆうさん(@labo_life)です。

あなたは、体を洗うときに、何をつかって洗っていますか?

私は、自分の手をつかっています

これで、美肌はつくれます!

体を洗う時にタオルをつかわない理由

まず、体をあらうときに、タオルをつかうと思いますが、このタオルが敏感肌には、特に良くないです。

タオルは、アレルギー反応を起こす成分が、製造過程で含まれています。それは、タオルを真っ白に仕上げるためにつかう「蛍光増白剤」です。

発ガン性は無いとされていますが、アレルギー反応が出る可能性があります。

他にも、どうしてもタオルで肌をこすると、肌への刺激が強い場合が多いです。

というのも、体を水で流したり、浴槽に浸かることで、皮膚の表面に住んでいる「常在菌」を洗い流しています。

また、タオルで体をこすると、皮膚の表面を多少なりともけずりとってしまうので、肌荒れを起こす可能性があります。

敏感肌だと思う方は、使用を考えてみましょう

肌を傷めると起こる可能性があること

私が、ボディーケア商品でよくみるのは、垢すりなどの肌の角質をとるものですが、肌の角質をとることで、常在菌が水で流された状態の皮膚を更に傷つけてしまう。

私も、よく使用していて、肌がつるつるになったのを覚えているが、結果私は皮膚があれてしまい、肌の乾燥も引き起こしていました。

乾燥するということは、皮膚の機能が正常に働いていない状態です。そうすると、シワやシミのリスクがでてきます。

また、足の裏の角質をとる商品もあり、つかってみましたが、私は肌荒れを起こしてしまいました。

足の角質が固くなったり肌荒れを起こしている場合は、ワセリンをつけて保湿しておくのが一番です。

角質が正常になると、体の自浄作用も正常になります。

常在菌がへってしまうと、悪玉菌が増えてしまい、体臭が強くなるなどの弊害がでる可能性もでてきます。

手で美肌がつくれる理由

〈手で美肌がつくれる理由〉
・水でほとんどの汚れはおちている
汚れがおちているのに、強く肌をこすると、皮膚を傷つけてしまいます。手だと微妙な力加減が効くのも利点です。こすらずに肌をなでるようにします。

・体の汚れは手洗いで十分にきれいになる

・肌への摩擦がとても少ない
肌への摩擦が少ないので、皮膚へのダメージがほとんどない。

海外では手で、体を洗っている

海外では、手を使って体を洗っていると聞きます。海外では、背中が大きく開いたドレスを着ているのを映画などで観ますが、美に対して敏感になりますよね。

肌荒れがひどいと、なかなか背中が大きく開いたドレスなんて着られないです。

以下の調査は、約4年前のインターネット調査実施結果ですが、非常に興味深い結果となっています。3都市とも「手」で体を洗う人が増加しているようです。

2014年7月に、東京、ニューヨーク(以下NY)、パリの20~30代の働く女性各100名、計300名を対象に、バスタイムとボディケアの実態についてインターネット調査を実施しました。「体を洗う際、何を主に使っていますか?」の問いに対しては、3都市とも「手」が増加しており、特にパリでは51.0%と圧倒的に多い結果となりました。また、NYでも1位がパリ同様「手」、2位は「綿のタオル・手ぬぐい/ヘチマ」という結果になり、肌のために素材まで気遣う傾向が見られました。
出典:体を洗う際、何を主に使っていますか?     ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社        コンシューマー カンパニー

現在の調査結果は、されていないようでしたが、おそらく「手」で体を洗うことに注目して、実践をしている人が増えているのはないかと思います。
少なくとも、私は「手」で体を洗っているに入ります。

まとめ

敏感肌の人は、特に現在しているボディーケアに対して、もう一度見直しをしてみてはいかがでしょうか?

私が、手で体を洗い始めて、ずいぶん肌の状態が変わりました。

肌の調子がわるい日は実際にありますが、肌荒れの箇所をこすることがないので、案外早く状態が回復しています。

みなさんの美の捉え方は、それぞれでケアのやり方も多種多様でしょう。

敏感肌でお困りの、あなた!!

体の洗い方を変えてみてはいかがでしょうか。

この記事が、あなたの役にたてば嬉しいです!

Thank you for reading this blog, everyone 🙂


>>ゆうさんのTwitterのアカウントはこちらです!Clickしてすすんでください。

SPONSORED LINK