【イベント情報】

日焼け止めを使うかどうか、毎回悩みます。私のTPOにあわせた使い方。

SPONSORED LINK


Hey guy’s it’s Yu. ゆうさん(@labo_life)です。

日差しが強い日に、特に肌が敏感な人は、肌が焼けて、ひりひりします。日焼け対策は必須になります。

海に行く季節になると、(日本では、7月から8月辺り)海水浴やマリンスポーツを楽しみますよね。

私は、一年を通して海に入っています。

普段の生活では、日焼け止めをつかってません。

唯一、使用するタイミングは、日差しが強い日の海で使用するのみです。

普段の生活では、帽子をかぶったり、夏は長袖を着て、紫外線が皮膚に直接あたらないようにしています。

日焼け止めって、皮膚の状態によっては良し悪しがあります。
また、ウオータープルーフの製品も数多くありますが、水に落ちにくいということは、皮膚に密着しているということで、皮膚呼吸を妨げることにもつながっています。上手に使用していかないと、弊害も考えられます。

私の日焼け止めの使用場面は、海み行ったときです。正直海も汚れてしまいますので、海に入る場合は水に落ちにくいものを使用しています。
できれば、日焼け止めを使用したくはないんですが、紫外線を浴びると、日焼けではなく皮膚が赤くなり、やけどに近い状態になってしまいます。

紫外線が皮膚に与える悪影響

しみ、そばかす、一番怖いのは老化ですね。

正直、シミそばかすは、しょうがないです。

目に見えなくても皮膚の下に、誰しもが潜在シミを多少なりとも、もっています。

紫外線による老化の問題ですが、車に乗られる方や、炎天下の中でお仕事をされる方は、帽子をかぶるなどの紫外線の対策が必要です。

紫外線に長時間、長期間あたりつづけると、その部位が老化をします。

日本は、右ハンドルの車が主流で、私も右ハンドルの車を所有しています。

フロントガラスは、UV加工をしている車種が増えていますが、横からの紫外線は、直接受けています。

そして、皮膚のたるみも右側の方が若干ですが、大きいです。(人間の顔の比率は左右違うので、その分は加味しています)

私は、毎年そばかすが、数個ずつ増えていますが、顔の右側の方がそばかすの量が多いです。

このままいったら、大変なことになるのではと思いますが、海に行くことをやめる気はないので、これからも、強い日差しに当たることは考えられます。

車の運転や、公園などで長時間、紫外線にあたる可能性がある場合は、帽子をかぶったりサングラスを着用するなど、紫外線の対策はしておくことを、おすすめします。

特に、紫外線は目から入ることで、メラニンの生成をし、シミやそばかすの原因となるので、サングラスの使用を推奨します。

日焼け止めのメリットやデメリットを考慮した上で、上手に紫外線対策をしていき、ナチュラルに歳を重ねていきたいですね。

日焼け止めのメリット

日焼け止めのメリットですが、やはり肌が焼けるのを守ってくれる。皮膚がんの予防になるなどが挙げられます。

正直メリットを考えられるだけ挙げようかとしたんですが、この程度しか挙げられませんでした。つまり、そういうことです。

日焼け止めのデメリット

肌が圧倒的に乾燥をする
ビタミンDが体内で生成されにくくなる可能性がある
ビタミンDは、日中紫外線を浴びることで、体内で生成されます。
ビタミンDは、体の骨の形成免疫力の機能に関わってきます。不足すると、骨粗しょう症なども考えられますが、普通に外に出るなど生活をしていれば、問題ないと考えられます。

肌にかなり負担をかける

日焼け止めの塗り方

耳の後ろ
首や首筋
アゴの下
上記に挙げた箇所に塗ると効果的です。

地面や砂浜、水面からの紫外線の照り返し対策をしましょう。特にアゴの下に塗ることは忘れずに!

私が、日焼け止めをつかう日

サーフィンにいくときのみ使用しています。

波乗り、スノーボード、夏はもちろん日差しが強く皮膚が焼ける。最近、海用のレギンスを履いているのをビーチで見ることも増えました。
さすがに、レギンスは履かずにサーフトランクスだが、結構焼ける。私は、皮膚が赤くなるので、皮膚ガンの可能性が強い方に該当してしまう。
毎年1年かけて海に行き、海に入らない日も含めて、一年かけて肌を休ませ、また海に入るというサイクルになっている。

冬の山もかなり日に焼ける。しかも、冬の日焼けは、雪の照り返しもあり紫外線が強く、皮膚へのダメージも大きい。
年齢を重ねると特にだ。私は、ゴーグルに、フェイスマスクとフル装備でウインタースポーツを楽しんでいる。
全てを規制しているわけではなく、意識して、最善の方法を選別し、自分を守れるスキル得ることが大切ではないだろうか。
私自身ストレスは、もっと体に良くないと考えているので、選択して自分自身のスタイルをつくればいい。

曇りだから、紫外線は少ないというのは間違い

曇りの日だから、半袖でもいいか…は間違い。

日によっては、晴れの日よりも紫外線量が多いこともある。
日頃から、外出する場合は、長袖に帽子、サングラスを着用することをおすすめする。

私は抵抗があるのだが、日傘の使用も推奨したい。

海での日焼け対策

日焼け止めの使用をしている。ウオータープルーフのモノを使用している。
海から上がったあとに、皮膚に残らないようにすることが大切です。
タオルで拭き取るなどを、よくサーファーの人はやっていますが、(私もしていました)毛穴に日焼け止めを刷り込むことになるので、強くこすらず優しく落とすこと。

ある程度日焼け止めを落としたら、純石鹸で十分に泡立てたもので、優しく洗う。絶対に肌をこすらないこと。

海の中でも脱げない帽子とラッシュガードを着ることで、かなり日焼けを防げるし、日焼け止めを塗る範囲を少なく出来る。

私は履いていませんが女性は、海用のスパッツもあるので、履くことを推奨します。

まとめ

日焼け止めの使用ですが、結論としてはつかわない方がいいです。
しかし、TPOにあわせての使用を、皮膚の敏感な方は特におすすめします。
また、日焼け対策ですが、サングラスや帽子などを使用すること。特に長袖はいつも着ることを推奨したいです。

日焼け止めの、メリット・デメリットはあります。しっかり使用場面を考えて、日焼け止めをつかわなくても、対策をすることで防げるのなら、そちらを推奨します。

あなたの日焼け対策は、どんなことをしていますか?参考になればと思います。

Thank you for reading this blog, everyone 🙂


>>ゆうさんのTwitterのアカウントはこちらです!Clickしてすすんでください。

SPONSORED LINK