【イベント情報】

純石鹸をつかって洗濯をしよう 〜肌に優しいよ〜

SPONSORED LINK


Hey guy’s it’s YU ゆうさん(@labo_life)です。

みなさん、洗剤ってなにつかっていますか? スーパーに行くと、沢山の洗剤が売られていますね。私は、その中で純石鹸を選んでいます。

純石鹸ってなに?

純石鹸とは、界面活性剤が合成ではないもの。正式な定義としては、「界面活性剤」が合成のものではなく、脂肪酸ナトリウムまたは脂肪酸カリウムで出来ていて、さらにその割合が製品全体の98%以上と言われています。以上の条件を満たしていれば 固形、粉末を問わず「純せっけん」という事になります。
対して、合成界面活性剤は石油から作られており、使った後の排水が分解しにくかったり、人間の肌のバリア機能を壊したり皮膚や毛穴などから侵入し内蔵に蓄積されたりと弊害が起こることもあります。

純石鹸は、合成界面活性剤と比べて川を汚しにくいというメリットがあります。さらに肌にも優しいです。
以上の条件を満たしていれば 固形であれ 粉末であれ
「純せっけん」という事になります。

合成界面活性剤って何?

まず界面活性剤は、簡単にいうと「水」と「油」のように、本来は混ざり合わない物を混ぜ合わせるために使うものです。二つを馴染ませ、混じりあうことができるように人工的に合成された物質のことです。
この合成界面活性剤には、クレンジング剤や乳液、クリーム、シャンプー、リンス、食器洗い洗剤・洗濯用洗剤、そして農薬にも含まれています。合成界面活性剤には、洗浄作用・保湿作用・浸透作用・乳化作用・柔軟作用などの様々な作用があり、使用目的によって配合が変わります。

これにより、格段に洗浄力が高くなります。
なので、純石鹸洗浄力は、合成界面活性剤が配合している洗剤より洗浄力は劣ります。
しかし、純石鹸をつかう価値はあります。

純石鹸のメリット

  • 環境に優しい
  • 肌に優しい
    洗浄力が高いのも考えものです。生き物自然には、自浄作用というものがあります。皮膚や細胞が壊れると肌が荒れてしまいます。自然も同様です。人が作ったものは、環境に優しいものばかりではありません。本来は、自然界になかったものですから。
  • 肌のかゆみがなくなる
  • 肌の赤みがなくなる
  • 低刺激

おすすめ洗剤のご紹介

今は、こちらの2点をつかっています。左の商品は、無添加のもので香料・着色料・防腐剤が入っていません。洗い上がりの匂いも特にないです。

右側の商品は、香料が入っています。香料が入っているものが純石鹸のカテゴリーに入るのかは微妙ですが、香がしないと洗濯をした気分にならない方はこちらの商品をおすすめします。
フローラルの香がほのかにします。

どちらの商品も十分に汚れは落ちます。

純石鹸をつかって、羽毛布団を洗濯する記事はこちらから

アレルゲンの除去のためにも羽毛布団を洗濯しよう!

2018年2月26日

まとめ

洗濯って毎日のことですよね。特に、お子さんがいる家庭では、洗濯物の量が多いのではないでしょうか?
たかが洗剤、されど洗剤です。毎日使うものだから、人にも自然にも優しいものを選んでみてはいかがでしょうか?
特に、アレルギーアトピー性皮膚炎など敏感肌な人は、洗剤を見直してみてもいいかと思います。洗剤って多少は衣類に残っているものです。
衣類が皮膚に触れるところ炎症皮膚の赤みや、肌荒れなどが見られる人は、洗いすぎや、洗剤が原因になっているかもしれません。
もし、悩まれている人の生活が、この記事を読むことで、変わったり、小さくても力になれたら嬉しいです。

Thank you for reading this blog, everyone :)


>>ゆうさんのTwitterのアカウントはこちらです!Clickしてすすんでください。

SPONSORED LINK