【イベント情報】

ももちゃりで始まる1日!わたしのライフスタイル”ももちゃり”

SPONSORED LINK


Hey guy’s it’s YU ゆうさん(@labo_life)です。

岡山県在住の方は、岡山市街地の観光地やショッピングには車や電車やバスなどを利用すると思います。
海外から観光に来られる方も、同じような交通手段を選択するのではないでしょうか?
今回は、岡山駅周辺に設置されている”ももちゃり”をご紹介します。

ももちゃりってなに?

ももちゃりとは、岡山駅周辺の各ポートに設置されている有料の貸出し自転車です。
私は、市街地に行くときは、いつも決まった場所に車を停めて行くんですが、岡山駅からは少し離れており、目的地まで時間がない時は、よく利用をしています。

ももちゃりの利用方法

それでは、まず利用方法ですが、何点か方法があります。

“ももちゃりの冊子より”

以上の方法で、ももちゃりが利用できます。

〈料金プラン〉

“ももちゃり冊子より”

〈おすすめの料金プラン〉
海外や、地方から来られる方で、何日か滞在をする方は
回数券(5回)をおすすめします。
一回返却すると一回としてカウントされてしまうので、
1時間以内に目的の場所を全て網羅するのであれば
60分くりかえし利用のプランもありなのかなと思います。
なので、一回利用のぷらんは、返却をするともう一度レンタル手続きをサイクルポートでしないと、もう一度レンタルをしようとしても、貸し出し不可になってしまうのでご注意を!

お子さんと一緒にレンタルも可能ですが、身長制限と13歳未満はヘルメットの着用が必要です。

〈運営に聞いてみました〉

ゆうさん
Q ヘルメットのレンタルはありますか?

A ヘルメットのレンタルはしていません。
用意をお願いします。

さらに、質問をしました。

ゆうさん
Q 自転車の鍵をなくしてしまった場合は、どうしたらいいですか?

A 運営本部に連絡をしてください。対応します。

ゆうさん
Q 自転車に乗れない子どもがいる時は、自転車の後ろにチャイルドシートがついた自転車はありますか?

A チャイルドシートがついた自転車はありません。

ゆうさん
Q 海外の旅行者がICOCAやSuikaなどのICカードを持っていない場合はどうすれば良いか?
A運営本部で、身分証明が確認できるものがあれば、専用のカードを発行しています。

補足
ちなみに、追加料金が、60分毎に発生しますので、目的地の近くに返却できるポートがあるかどうかの確認をして行った方が良いですよ!
おすすめ登録方法
登録には、各ポートや運営本部で登録ができますが、海外から来られる方は、運営本部で手続きをする方がおすすめです。

ももちゃりの便利で良いところ

ももちゃりの便利なところですが、
ずばり同じ場所に返却する必要がないこと。
岡山の駅前にあるポートでレンタルをして
1時間経って追加料金が発生しそうだから、一度返却をしておきたい時でも目的地近くにあるポートに返却でオッケーです。

電動自転車ではないですが、ギア変速も三段階まであり、不便はないです。

補足
運営本部では、電動アシスト自転車があるようです。
料金:1日1,000円
平日 10時〜17時
土日祝 10時〜19時
台数に限りがあるようです。お問合せをおすすめします。
フリーダイヤル:0120−917−858

岡山市内で大きなイベントがある時には、ポートの数が限られている為、ポートが一杯返却する空きポートがない可能性もあります。

〈運営に聞いてみました〉

ゆうさん
Q 岡山市内のイベント時にサイクルポートの混雑が予想されポートがいっぱいで返却出来ない場合があると思いますが、どのようにしたらいいですか?
A 混雑時には、ももちゃり返却ポート横に、自転車の鍵をいれる箱があるので、自転車の鍵をかけて、サイクルポートの満車時返却の項目から手続きを行ってください。

ももちゃり返却ポートMAP
http://momochari.jp/map/
公式サイト”ももちゃり返却ポート”より

公式アプリもあるよ!

岡山市コミュニティサイクル
岡山市コミュニティサイクル
posted with アプリーチ

公式アプリでは、サイクルポート情報(場所、貸出し可能台数、返却可能台数)を表示しています。
GPSと連動しているので、利用者と最寄りのポートまでの距離がわかる便利機能も付いています!

公式サイト:「岡山市コミュニティーサイクル」 http://momochari.jp/

 

まとめ

岡山駅から、ゆっくり歩いて観光やショッピングをするのも良いと思いますが、少し遠出をする際には、手軽で便利だと思います。

岡山県在住の方はもちろんのこと
海外や、県外から来られる方
”ももちゃり”をレンタルして、岡山の街並みを楽しんでみてはいかがでしょう。

Thank you for reading this blog, everyone 🙂


>>ゆうさんのTwitterのアカウントはこちらです!Clickしてすすんでください。

SPONSORED LINK