【イベント情報】

初心者向けのギターの弦替え方法 〜弦をはずす編〜 (保存版)

SPONSORED LINK


Hey guy’s. ゆうさん(@labo_life)です。

ギターを始めたばかりの人って、私もそうでしたが、弦を替えることが大変です。 私は、何本も特に1弦(一番細い弦)をきっていたことを覚えています。

弦の種類にもよりますが、時には弦が切れたりもします。

絶対に弦が切れないかと言われると保証はできませんが、ほぼ失敗なしでできるのではと思います。

では、まず弦を緩めることから始めます!
順番どおりにやっていってください。

①弦を緩める
矢印の方向にペグを緩めていってください。


ある程度緩めると下記の画像のように弦がたるみます。

②ブリッジを抜く
ギターの中央部分にある6本の弦を支えている部品です。
ギターのサウンドホール(音をボディーに響かせる穴)から手を入れて、下からブリッジを押し上げます。

ギターショプなどで、専用のブリッジをはずすツールもあります。非常に安価なはずなので、良ければ購入してみてください。


③弦をはずす
ギターから弦をはずしていきます。


ブリッジ側の6本の弦をすべてはずしてから、ペグ側の弦をはずしていきます。

弦の先端が眼に刺さる可能性があるので、なるべく先端に近いところをもちます。

④弦をまとめておく

弦をまとめたら、家族に小さな子どもがいる場合は、子どもの手の届かないところへ処理しましょう。


どうでしょうか? できましたか?!

次回は、ギターに弦を張っていきます。

まずは、慣れることですが、弦を張るときや、はずすときに、怪我につながる瞬間があります。

特に、目に弦の先が刺さらないように気をつけてくださいね。

怪我をしないように、注意をしながらやってみてください。

Thank you for reading this blog, everyone 🙂


>>ゆうさんのTwitterのアカウントはこちらです!Clickしてすすんでください。

SPONSORED LINK