【イベント情報】

ギターのコードで多くの人がつまづく理由と解決方法!!

SPONSORED LINK


Hey guy’s it’s YU ゆうさん(@labo_life)です。
ギターってカッコイイですよね?私は、カッコイイと思って始めました。ギターを始める時に最初につまづくこと、これはほとんどの人っていってもいいのでは?と思うんですが、Fコードです。

ギターの砦 Fコード

Fコードを弾く時に必要になるのは、ギターの1弦から6弦までを全て人差し指で押さえることです。これをバレーといって、Fコードの他にハイコードなどを弾く時にもちいります。
私もそうであり、今まさにギターを始めようとしている
あなたにも、当てはまると思いますが、Fを弾こうとすると大体

ビッギッ

ティッ

ティ

ティッ

ティッ

見事に音が鳴りません。初心者の方はここで心が折れます笑

安心してください。初めはみんな初心者です。音なんて鳴りませんし、指先が切れそうなくらい痛いはずです。

本当は、バレーをして弾くFを練習した方が、あとあと他のコードを弾く時に必要になるので(アコースティクギターは特に)した方がいいんですが、心が折れては練習もつらくなり修行みたいになってしまうので、もう一つあるFコードの弾き方を紹介します。

初心者に優しいFコード

これが、ベーシックなFコードです。

大体、1フレットの人差し指一本でギターの弦を押さえる
バレーで、つまづきます。

こちらが、もう一つのFコードです。

違いが分かるでしょうか?1フレットのバレーの部分がなくなっています。
こちらのコードの方が難しいと言われる方も、たまにいますが、難易度は上記に比べてかなり落ちるはずです。上から1弦、2弦となり、6弦まであるんですが、本来1〜6弦まで押さえるところが、1と2弦のみで良くなっています。

でも、よくみてください。中指、薬指、小指の位置は同じですが、この弦を押さえているところが鳴るので、人差し指でバレーをしなくても、対応している弦の音はでるんです。

それでも難しい人は、アコースティクギターじゃなくて

エレキギターを弾いてみよう。

エレキギターとは、アンプに繋いでギターの音を大きくして弾くギターです。アコースティクギターとアンプが繋げられるタイプのものはエレキアコースティックギター(エレアコなどと称されます)

エレアコの利点

私が一番の利点だと思う点は、コードを押さえても指が痛くなりにくいことです。
アコースティクギターを弾いていると、最初の頃悩まされるのは、指先が痛くなることです。
他にも、

・ギターのコードが押さえやすい
これは、体感していただければわかります。アコースティクギターを弾いた後にエレキギターを弾くとかなり押さえやすいはずです。

・疲れにくい
 などが、あげられるのではと思います。

エレキギターから始めるか?アコギから始めるか?

じゃあ、どっちから始めたらいいの?って話なんですが、最終的には自分が目指すスタイルだと思います。

私は、アコギをおすすめします。

私が、アコギをおすすめする理由

自分がアコースティクギターから始めたからというわけではないんですが、今アコギからはじめて良かったと思うのは、

・早く指の先が固くなった
これって、エレキギターでも一緒なんですが、弦が硬くてギターを握ると、どうしてもエレキギターの方が握りやすいんですよね。これって、コードが押しやすいことにもつながっているんですが、エレキギターの方が、アコースティックギターよりグリップが細いんです。モデルによるんですが、大体のエレキギターのグリップが細いです。細いと力が入れやすいし、手が小さい人でも比較的コードが押さえやすいんです。
アコースティクギターは、どうしてもある程度コツが分かるまで、力が入ってしまうし、Fコードなんて、かなり指が痛いし手がつりそうになります。でもそれだけ力を入れるので、最初は痛くて泣きそうになりますが、少しコードを押さえられるようになった時に、エレキギターを弾きてみてください。

えっ?!

ちがう世界が広がっているはずです。

好きな曲や弾きたい曲を見つけよう!!

ギターを始めた理由

そんなのモテたいからに決まっています笑

冗談ですよ笑

でも、正直そんな理由でもいいと思います。

伝えたい事がある。

自分を表現したい。

理由は、様々でいいです!

物事を一回始めたら、最後までやってみましょう。決めたとこまでやってみましょう!
一番いいのは、好きな曲や好きなアーティストを見つけること!私が、ギターを始めた理由は、ゆずの「からっぽ」を聴いてからでした。

ピアノ・ソロ ゆず「ゆずイロハ 1997-2017」Selection

新品価格
¥2,376から
(2017/11/3 11:36時点)

一番最初に覚えた曲は、「からっぽ」でした。いやぁ~、指に豆が出来てつぶれて、それでも練習して、ハーモニカと一緒に弾けるようになったときは、嬉しかったな〜。古い曲は今でもほとんど弾けます。

 

まとめ

まずは、好きな曲を聴いて、その曲の楽譜を手に入れましょう!
どんなコードが使われているかを調べましょう。殆どのスコアにはコード表がついてあるので参考にしましょう。
なーんだ、F使われていないじゃんと思っても、今後必ず出てきます。
Fコードを嫌いにならないでください。曲を弾けた時に全てむくわれます!

でも、一番は、ギターを好きになること音楽を好きになることです!

やればでき〜る!!!

Thank you for reading this blog, everyone 🙂


>>ゆうさんのTwitterのアカウントはこちらです!Clickしてすすんでください。

SPONSORED LINK