【イベント情報】

保育士が選ぶ!笑って、泣いて、感動した絵本たち

SPONSORED LINK


Hey guy’s it’s Yu. ゆうさん(@labo_life)です。

みなさんは、子どもの頃に絵本は、読んでもらっていましたか?

私は、両親に「オオカミと七匹の子ヤギ」を読んでもらっていました。
お気に入りで、何度も読んでもらって、長い絵本だったので自分では読めませんでしたが、ページがぼろぼろになるまで使っていました。

私は、職業柄、絵本を多数所有しております。

その中の、ほんの一部ですが紹介ます。

絵本
私の大好きな絵本たち
内容は、私が感じたことなのでサラッとお話をします!

はじまるよー!

「みんなのこびと」なばた としたか 作


あなたは、こびとを見たことがありますか?
それは、気づかないだけなんです!
ほら、あなたのすぐそばに。

あっ、決して怖い絵本ではありません。
何度も、子どもたちから「もう一回読んで」とリクエストがあります。
これが、たまりませんwww

こびとづかん

【Amazon】リンク

こびとづかんの第二作目!
「みんなのこびと」なばた としたか 作


思わず、クスッと笑っちゃう。
こびとと、人間のハートフルストーリーw

「りゆうがあります」ヨシタケシンスケ 作


あなたは、鼻をほじることがありますか?
主人公のどこでもいる少年は、すべてのことには理由があるんだと主張して、それを一生懸命説明をしています。

普通に笑えますw

「うんこ!」サトシン 作  西村敏雄 絵


子どもって、今日の絵本は「うんこ!」の第一声で笑いますww

笑わせられなかったことは、ないほどいい絵本です。

うんこが生まれて、そして土に還っていく、食物連鎖を彷彿とさせる絵本です!

うんこ!

【Amazon】リンク

うんこ! [ サトシン ]

【楽天市場】リンク

「うんこちゃんようちえんへいく」のぶみ 作


誰のうんこでもない「うんこちゃん」の子どもたちと触れ合うストーリーが描かれています。クスッと笑って、切なくて、最後のオチが笑えます。

「くまのこうちょうせんせい」
こんの ひとみ 作 いもとようこ 絵


この絵本には、大学時代の思い出があって、この絵本のストーリーを大学時代の友だちと、子どもたち向けに演じていました。
勇気をだして!ひつじくん!がんばれ!って応援したくなります!
大好きな絵本です!

「ぜったいにおしちゃダメ?
ビル・コッター 作


このボタンは、絶対に押してはいけません。
押すと大変なことが起こってしまいます!!

子どもたちとのやり取りが楽しめる。
小さい絵本ですが、いろいろ考えられて、このサイズなんだなと思います!

いつも、私の真似をして、みんなで手を上下に振ったり、ボタンをワクワクしながら押しています!

あー、押しちゃダメって言ったのに〜

絵本をめくると…

「おこだでませんように」
くすのき しげのり 作 石井聖岳 絵


絵本のタイトルからして、もう泣きそうですよね。

現場の先生たち、子どもを怒っていますか?

それとも叱っていますか?

世の子どもを育てている方、関わりがある方に読んでいただきたい。

とても考えさせられる絵本です!

「えんとつ街のプペル」にしのあきひろ


絵本作家の西野亮廣さんが、構想して描いた絵本です。

正直、絵本自体は長いので、4歳児や5歳児に読むときには、付箋をつけるなどして、途中でおわり、次回のお楽しみにしています。

絵本が終わったら、ギターで、この絵本の挿入歌の「えんとつ街のプペル」やオー・シャンゼリゼを弾き語っています。

意外と子どもたちも、「おーしゃんぜりぜ〜」って歌うんですよ。子どもが歌う歌はいい歌なんです。間違いない。

西野亮廣さんは、全国で光る絵本展をしており、えんとつ街のプペルの原画を展示しています。

しかも、光っているんです!

私は、実際に足を運びました。

▼参考記事
「えんとつ町のプペル」光る絵本展inイオンモール倉敷

ちなみに、無料で絵本をインターネット上に公開をしています。
ぶっ飛んでいますねwww

えんとつ町のプペル

【Amazon】リンク

「100万回生きたねこ」佐野 洋子 作・絵


あなたは、100万回生きて、100万回死んだ猫をみたことがありますか?

この絵本は、大学の大好きな恩師に紹介してもらって、それから自身の講義でも学生たちに向けて紹介をしました。

生まれて、そして命が終わるとき、一番近くにあるものってなんだろうか?

世代ごとに、感じることがある絵本です。

ゆうさん
ほんの一部ですが、笑って泣いて、感動する私の大好きな絵本たちです!
子どものときの感性って大事にしたいです。

あなたのおすすめの一冊はなんですか?

Thank you for reading this blog, everyone 🙂


>>ゆうさんのTwitterのアカウントはこちらです!Clickしてすすんでください。

SPONSORED LINK